オルニチン回路と肝臓の働き

肝臓に必要なオルニチン回路とTCA回路

肝臓の働きに大切なオルニチン回路とTCA回路をご紹介します。

 

なんだか疲れが取れない…それはもしかしたら肝臓が疲れているサインかもしれません。

 

肝臓は体内の化学工場とも言われる内臓最大の大きさを持つ重要な機関ですが、仕事のしすぎで疲弊し弱っていたりしても黙々と痛みも出さずに仕事をし続けるとっても“無口な臓器”なのです。

 

その肝臓の行っている仕事には、大きく分けて(1)アルコールや体内で作られるアンモニアなどの毒素を分解して無毒にする『解毒』、(2)体のもととなるエネルギーを作り出す『代謝』、(3)脂肪を消化するための消化液胆汁を生産する『胆汁産生』 があります。
中でも(1)(2)の機能はお互いが回路という形で密接につながっています。

 

私たちは食べ物を食べて消化し、エネルギーに変換することで毎日元気に活動することが出来ます。
私たちが食べた後小腸や大腸に運ばれた食べ物は、消化液に含まれる酵素で分解され体に必要なブドウ糖やアミノ酸という形になって血液中に入りエネルギーとして利用されます、実はなんとこの時にアンモニアという有毒物質も分解の過程で生成され同じく血液中に入って運ばれているのです。

 

肝臓は血液中に運ばれてきたブドウ糖やアミノ酸などの栄養素を取り入れてエネルギーに変える仕事と、それと同時に血液で運ばれてきた有害物質のアンモニアを分解・無毒化する仕事を同時に行っているんですね。
実に働きものなんですよね、肝臓は。

 

そして、肝臓内でこの栄養素をエネルギーに変えるサイクルのことを「TCA回路(クエン酸回路)」、有害なアンモニアを分解するサイクルのことを「尿素回路(オルニチン回路)」と呼ばれています。

 

TCA回路(クエン酸回路)、この名前聞き覚えがあるなと思った方もいらっしゃると思いますが、高校の生物の授業などでも登場する、あれですね。
ブドウ糖、各種アミノ酸、脂肪酸やグリセロールなどを肝臓の細胞内のミトコンドリアが何段階もの酵素と反応させることによってATPと呼ばれる体に必要なエネルギーを作り出し、それと同時にオキサロ酢酸生成及び水と二酸化炭素を排出します。

 

一方、尿路回路(オルニチン回路)とは、血液中にのって運ばれてきたアンモニアを肝臓の細胞内にあるミトコンドリアがオルニチンを使うことによって5段階の酵素を使いつつ反応させ、体にとって無害な尿素に変換及びオルニチン生成を行う仕組みのことを言います。

 

なんとこのTCA回路(クエン酸回路)と尿路回路(オルニチン回路)は回路の途中で枝分かれするような形でつながっています。そのため、お互いが密接に影響しあいます。
オルニチンが不足したりすると、体にたまった有害物質がなかなか体の外に排除されなかったり、それと同時に体の活動のもととなるエネルギーも充分に供給されないために、とても疲れやすくなってしまうんですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

≫トップページはこちら